Author Archive

リーズナブルさが売り!2022年秋オススメスマホ「Sony Xperia 5 III SOG05」

“コストパフォーマンスが高いスマートフォンで、2022年秋から売り上げ好調なモデルを探しているのであれば、「Sony Xperia 5 III SOG05」がオススメです。
Sony Xperia 5 III SOG05はリーズナブルな価格のスマートフォンで、最近の人気モデルの中では安い「約85,000円」という価格で売られているハイエンドモデルのスマートフォンとなります。近年では、半導体不足が懸念されている世の中になっているので、Sony Xperia 5 III SOG05並みに安いハイエンドモデルのスマートフォンが減ってきました。
しかもSony Xperia 5 III SOG05は、「片手でも操作しやすいサイズ、SDやイヤホンジャックに対応」しているモデルなので、ハイエンドモデルのスマートフォンの中でもあまり見られない機能をもっている特徴があります。
そもそもSony Xperia 5 III SOG05は、Sonyの人気ブランドである「Xperiaシリーズ」のため世界的にも評価の高いスマートフォンです。そのため、これから人気のハイエンドモデルのスマートフォンをもつ際、無難なモデルを選びたい・・・と考えているユーザーにとっては、Sony Xperia 5 III SOG05がちょうどよいといえるでしょう。
ただし、Sony Xperia 5 III SOG05のような価格帯のスマートフォンを選ぶ際には注意も必要です。というのもSony Xperia 5 III SOG05は処理性能も無難なので高くはありません。今では、10万円台のスマートフォンでもベンチマークスコア90万点をマークしているモデルが増えてきました。しかしSony Xperia 5 III SOG05は、「SoCがSnapdragon 888と今では古いパーツ、ベンチマークスコアは約72万点」のため、処理性能・排熱処理などゲーミングスマホとしても利用できるスマートフォンを探している場合は、Sony Xperia 5 III SOG05では満足できないかもしれません。
ですがSony Xperia 5 III SOG05は高評価のポイントも多く、たとえば「カメラ性能が優秀、機能面ではズーム撮影や暗所撮影に対応している」など、ほかのスマートフォンよりもカメラ性能・機能面はワンランク上の性能を有しているのです。ただしカメラ性能・機能についても、Sony Xperia 5 III SOG05はインカメラ撮影ではやや赤みが強いという意見もあるので注意してください。ほかにも、Sony Xperia 5 III SOG05は動画撮影でピントが被写体に合っていないという声もあるので、カメラ性能・機能において無難な性能以上を要求する場合も、Sony Xperia 5 III SOG05以外を選ばれたほうがよいでしょう。
Sony Xperia 5 III SOG05の詳細スペックですが、「OSがAndroid、認証機能に指紋認証、急速充電対応、パネル種類は有機EL、メインカメラ画素数は1,220万画素、Bluetooth機能対応、ハイレゾ対応、サイズは幅6.8cm・奥行0.82cm・高さ15.7cm、重量は168g、防水防塵機能ありでIPX5・IPX8、おサイフケータイ機能あり、5G対応モデル、解像度は2520×1080、リフレッシュレートは120Hz、インカメラ画素数は800万画素、複数レンズは3眼」となりますので、リーズナブルな価格のハイエンドモデルのスマートフォンとしては優秀です。”

人気のSIMフリースマホ「Google Pixel 6a」にも難点はある?

“今ではSIMフリースマホを持っている人が増えてきました。ですが、人気のSIMフリースマホ「Google Pixel 6a」を例に挙げると、Google Pixel 6aにもメリット、デメリットがあることに気づけます。
そもそもSIMフリースマホでよく出てくる、「初期設定が難しい」はデメリットではありません。というのも、Google Pixel 6aのような最新モデルのSIMフリースマホは、初期設定を半自動で行えるようになっているからです。
また、SIMフリースマホは格安な分だけ性能がおとる・・・といわれることも多いのですが、Google Pixel 6aのスペックを見ればわかるとおりでスペックは低くありません。
Google Pixel 6aの詳細スペックですが、「サイズが約152.2mmx約71.8mmx約8.9mm、プロセッサはGoogle Tensor Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ、OSはAndroid 12、RAM/ROMは6GB/128GB」です。SIMフリースマホは一般的なスマートフォンに比べて1万円以上安いのですが、これは「複数のオプションに加入していない」ことが要因なので、スペックが低い代わりに安いケースは減ってきています。
ちなみに、Google Pixel 6aはプロセッサの処理性能が格段に高いので、Google Pixel 6aをゲーミングスマホとして利用することも可能です。
Google Pixel 6aのそのほかのスペックですが、「ディスプレイサイズが約6.1インチ、メインカメラは1,220万画素+1,200万画素、フロントカメラは800万画素、バッテリー容量は4,410mAh、防水はiP67、おサイフケータイ機能あり」となります。
Google Pixel 6aの補足となりますが、Google Pixel 6aとGoogle Pixcel 6 Proは「同じCPU搭載」のため、普段使いでスマートフォンを探しているのであれば、無理にGoogle Pixel 6a Proを意識する必要はありません。
Google Pixel 6aのメリットですが、スペック案内のとおりでバッテリー容量に優れていて、最大72時間の使用ができます。使用頻度が低いアプリについてはGoogle Pixel 6aの機能で省電力化してくれるので、バッテリー消費が優れているのも人気の理由でしょう。
ではどうして、Google Pixel 6aのようなSIMフリースマホにはデメリットがあるのか・・・というと、それは、「カメラ性能・機能、そのほかの機能面」では一般的なスマートフォンに比べて脆弱だからです。
たとえば、人気の中華スマホであれば画素数が5,000万を超えますし、SIMフリースマホ以外であれば基本的にバッテリー容量が5,000mAhを超えるようになってきました。しかも、Google Pixel 6aのようなSIMフリースマホは、「破損・紛失・盗難時の補償オプション」に加入するかどうかは任意となります。
そのため、破損などをしてしまった際は1万円以上かかることの多い修理費用が発生することもあるため、最初からオプションが充実しているSIMフリースマホ以外を選ぶ人は多いのです。つまり、オプション加入、サービス、アドバイスなどをメーカーから得たい場合は、Google Pixel 6aのようなSIMフリースマホはさけたほうが賢明でしょう。”www.samsung.com/jp/explore/hint/galaxy-simfree/

いまだに売れ続けているゲーミングスマホ2選

“今では、半導体不足が懸念されているため「リユーススマホ」と呼ばれる、中古として販売されているスマートフォンの人気が上がってきました。
その理由ですが、最新のスマートフォンは半導体不足が懸念されていることもあり、「価格が上がってきている」からです。たとえば、3年ほど前であれば10万円ほどでハイスペックなスマートフォンを購入できました・・・が、今では15万円前後もするケースが増えてきました。そこで今回は、ROG PhoneASUSのようなリユーススマホとしても人気で、コストパフォーマンスが高いスマートフォンとして評価されているモデルを案内していきます。
まず、ROG PhoneASUSのなにがすごいのかについてですが、ROG PhoneASUSは、「リフレッシュレート90Hz、応答速度1ms、snapdragon845」となりますので、格安SIMフリースマホと呼ばれるモデルを無理に購入してゲーミングスマホとして動作させるよりもお買い得です。しかもROG PhoneASUSに搭載されているsnapdragonはクロックアップさせた代物なので、ゲーミングスマホとしてハイスペックなスマートフォンを求めているユーザーであれば、ROG PhoneASUSよりよいものは見つからない可能性があります。
ROG PhoneASUSの詳細スペックですが、「OSがAndroid 8.1(Oreo)、SoCはSnapdragon845_2.96GHz(Octa-core) GPU Adreno 630、ディスプレイサイズは6.0インチ(2160×1080/18:9) 有機EL、画素密度は402 ppi、リフレッシュレートは90Hz」となります。
これだけでも十分にゲーミングスマホとして必要なスペックを備えているのですが、ROG PhoneASUSは「RAM 8GB、ROM 128GB/512GB、リアカメラは約1200万画素+800万画素、フロントカメラは約800万画素、発売日が2018年10月 (国内版11月23日発売)」のスマートフォンです。リユーススマホ選びで迷っている人であれば、強くROG PhoneASUSを推奨することができます。
また、ゲーミングスマホの場合は「リフレッシュレート」と呼ばれる映像のなめらかさを求めているユーザーもいます。もし、さきほどのスマートフォンよりも高いリフレッシュレートを求めているユーザーであれば、「RAZER PhoneRAZER」をオススメします。
RAZER PhoneRAZERはリフレッシュレートが120Hzもありますし、IGZOディスプレイ、大迫力のデュアルスピーカー搭載となっていますので、リユーススマホとは思えないほどに時代のトレンドをおさえているゲーミングスマホです。
RAZER PhoneRAZERの詳細スペックですが、「OSがAndroid 7.1.1(Nougat) upgradable to Android 8.1(Oreo)、SoC Snapdragon835_2.35(Octa-core) GPU Adreno 540、ディスプレイサイズは5.7インチ(2560×1440/16:9) IGZO IPS LCD、画素密度は515 ppi、リフレッシュレートは120Hz、RAM 8GB、ROM 64GB、外部ストレージはmicro SD(MAX512GB)、リアカメラは約1300+1200万画素、フロントカメラは約800万画素、重量は約197g、バッテリー容量は4,000mAh、発売日は2017年11月」となります。”

5G対応スマホの「BASIO active SHG09」とは?

“今現在、通信規格は4Gから5Gに移行している最中ですが、様々なシーンで5Gを利用していることもあり、事実上は5Gが主流だと言えるでしょう。
それに5Gは高画質な動画なを高速ダウンロードできますし、ライブ配信では遅延をほとんどなくして楽しむことができますので多くの人に注目されて人気を集めています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々なスマホメーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「BASIO active SHG09」という5Gスマホがあり、ゲームなどでも滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイや5Gの高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPU、どんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラやバッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
また、この5Gスマートフォンは泡タイプのハンドソープで洗うことができるため、清潔を保ちながら使い続けることができるでしょう。
この5Gスマホのボディサイズは幅約71ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約9.4ミリ、重さ約174gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはレッド、ネイビー、シルバーの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1520×720でアスペクト比19:9の約5.7インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値2.0の明るいレンズがついた約1200万画素のアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水(PX5/IPX8)防塵(IP6X)耐衝撃(MIL-STD-810H)やステレオスピーカー、イヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「moto g62 5G」とは?

“ビジネスシーンでの5G採用は生産性を高めることができ、テレワークでのコミュニケーションもスムーズになりますので多くの企業が取り入れています。
その5Gに対応しているスマートフォンは使いやすいものから高性能なものまでの様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「moto g62 5G」という5Gスマホがあり、高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPUやゲームなどでも滑らかな表示が出来る高精細大型ディスプレイ、被写体の細かいディテールまでも写す高性能カメラやいつでもどこでも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約184gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーンとグラファイトブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは20Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 480+ 5G SM4350-AC 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、フェイスアンロック、HDR、スクリーンフラッシュ、プロフェッショナルモード、カウントダウンタイマー、ライブフォーカス、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(My UX)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでDolby Atmosやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

ゲーミングスマホで無難とされるモデルの性能差をチェック

“ゲーミングスマホの中でも、性能や価格が無難なモデルをチョイスしました。よく同じような性能と言われることもあるのですが、明確な違いがあるので注意してください。
コストパフォーマンスが高いスマートフォンとして人気の「Zenfone Max Pro M2」から案内を始めますが、Zenfone Max Pro M2は「大容量バッテリー」搭載モデルとなりますので、長時間プレイを前提としてゲーミングスマホを購入される場合は、Zenfone Max Pro M2より優れているものは中々見つかりません。
というのもZenfone Max Pro M2の詳細スペックは、「CPUがQualcomm Snapdragon660、ROMは64GB、バッテリー容量は5,000mAh、RAMは4GB/6GB、サイズは6.3インチ、5つのマグネットスピーカーを採用」となっているからです。
今では、よくゲーミングスマホは大容量バッテリー搭載モデルに限る・・・と言われていますが、未だにバッテリー容量は非公開、もしくは3,000~4,000mAhのモデルを大容量バッテリー搭載モデル・・・と宣伝しているケースもあるので注意してください。大容量バッテリー搭載モデルの補足となりますが、容量がかなり多いものでは、Samsungのgalaxyシリーズなどで6,000mAh以上のモデルもあるため、大容量バッテリー搭載モデルの差も激しくなってきました。
ただ、4,000mAh以上のスマートフォンで1日間ほど遊べる仕様となっているため、電力消費量が激しい使い方をしない場合は、大容量バッテリー搭載モデルにこだわる必要はありません。
次に人気のゲーミングスマホが「SHARP AQUOS zero2」です。
SHARP AQUOS zero2は「141gの重量」となっておりますので、軽量なスマートフォンでゲーミングスマホに分類されるものを探している場合は、中々SHARP AQUOS zero2以上のものは見つからない可能性があります。しかもSHARP AQUOS zero2はハイスペックで、「CPUがQualcomm Snapdragon855 mobile platform 2.8GHz+1.7GHz オクタコア、ROMは256GB、バッテリー容量は3,130mAh、RAMは8GB、サイズは約6.4インチ、リフレッシュレートは240Hz、ステレオスピーカー搭載」のモデルとなります。
SHARP AQUOS zero2はバッテリー容量が小さいのですが、その代わり電力消費をおさえる機能が搭載されているため人気です。なによりSHARP AQUOS zero2のCPUは最新のものが搭載されているため、処理性能に妥協したくない人であれば、SHARP AQUOS zero2との相性は抜群といえるでしょう。”

格安スマホでも性能に妥協したくない人にオススメの「SHARP AQUOS sense4 plusSH-M16」

“今どきのスマートフォンとなると、3万円台で購入できるスマートフォンであっても性能面が、一昔前の「ハイエンドモデル並み」になりました。そんな3万円台で購入できるスマートフォンの中でも、今では大人気となっているモデルが「SHARP AQUOS sense4 plusSH-M16」です。
SHARP AQUOS sense4 plusSH-M16の価格は、「平均では34,730円(税込)、
Yahoo!では42,238円(税込)、楽天では35,498円(税込)、Amazonでは34,730円(税込)」で購入することが可能となっています。特にうれしいポイントはAmazonのような多くの人が利用している通販サイトで購入できるところでしょう。
ほかのオンラインストアでスマートフォンを購入したい人もいますが、その場合は「レビュー数が充実している」かチェックしたほうが無難です。というのも、近年では業者によるなりすましのレビューも存在し、Amazonのような大手ではないオンラインストアでは、このような悪質なレビューを放置されていることもあるからです。
SHARP AQUOS sense4 plusSH-M16の場合はAmazonでも販売されているので、事前にレビューを確認して安全に購入することができます。
そして、SHARP AQUOS sense4 plusSH-M16が今では大人気となっている理由が、「eスポーツなどアプリゲームを思う存分で楽しめる」ところです。このような性能をもつスマートフォンは多い・・・と勘違いされている人もおられますが、排熱処理、構造的に熱をもちにくいモデル、バッテリー容量に余裕があり、充電時間も短い、リフレッシュレートが高い・・・といった、eスポーツに欠かせない要素をもつスマートフォンは多くありません。
もし多く見つかったとしても、5~8万円で販売されているミドルレンジモデル、ハイエンドモデルが多く見つかるだけです。しかしSHARP AQUOS sense4 plusSH-M16は、価格が3万円台で購入できるスマートフォンとなっているため、コストパフォーマンスについても最強レベルです。
SHARP AQUOS sense4 plusSH-M16の詳細スペックですが、「画面サイズが6.7インチ、重量は197g、ROMは128GB、本体サイズは166×78×8.8mm、OSはAndroid™ 10、バッテリー容量は4,120mAh、FeliCa対応、防水・防塵機能あり(防水IPX5,防塵IPX8)、CPUはQualcomm Snapdragon 720G」となります。
一般的なスマートフォンの場合、価格が3万円台ではCPUがsnapdragon6**のように、snapdragon7**以前の古いパーツであるケースが多いです。SHARP AQUOS sense4 plusSH-M16の場合は、処理性能についてもミドルレンジモデルとは思えないほどのパーツが搭載されているので、こちらについても安心してゲームなどコンテンツを楽しめるようになっています。
しかもSHARP AQUOS sense4 plusSH-M16は、ディスプレイサイズが6.7インチのため、現行のスマートフォンの中でも最長に等しいサイズなのです。高画質なグラフィック、高いリフレッシュレートも出力できるスペックがありますので、高価なミドルレンジモデルよりも劣っているところは、わずかにCPUとバッテリー容量くらいかもしれません。”

5G対応スマホの「View30 PRO」とは?

“第5世代通信システムの5Gが導入されることで、スマートフォンなどの通信機器を快適に使用することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のローエンドクラスから高価格のハイスペッククラスまで様々な機種がありますが、その中の一つに「View30 PRO」という5Gスマホがあり、被写体が映える表現が可能な高性能カメラやバッテリーを心配せずに楽しめる大容量バッテリー、迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイやスムーズに動作する高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約206gといったポケットにおさまるくらいの薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、フロスト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電と27Wのワイヤレス充電に対応している410mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはHisilicon Kirin 990 5G 2.86GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.6の明るいレンズがついた約4000万画素+広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素+広角レンズがついた約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、パノラマ、AIシーン検出、スローモーション撮影、フェイスアンロック、HDR、スクリーンフラッシュ、プロフェッショナルモード、カウントダウンタイマーなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Magic UI 3.0.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy au list

5G対応スマホの「realme Q3 Pro Special」とは?

“5Gは4Gよりも優れた無線通信システムですので、4Gスマホを使用している人の中には5Gに対応しているスマートフォンに乗り換える人も増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンには低価格のものから高価格のものまで多くの機種がありますが、その中の一つに「realme Q3 Pro Special」という5Gスマホがあり、不自然には見えない範囲で映える写真を撮れる高性能カメラやコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイ、安心して使用できる大容量バッテリーやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約31000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約179gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはライトブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは50Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 768G SM7250 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.5の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、HDR、オートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、パノラマモード、スーパーナイトモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11 (realme UI 2.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやステレオスピーカー、Dolby Atmosやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

ハイスペックスマートフォンと従来のものにはどれほどの差がある?

“スマートフォンの中には、「ハイスペックスマートフォン」として分類されているものもありますが、これは他のスマートフォンよりも高性能であるという評判によって付けられているだけです。そのため、ハイスペックスマートフォンと従来のスマートフォンを比較すると、あまり差がないケースがあるのも事実です。
そもそもハイスペックスマートフォンとは、「ハイエンドモデル」に相当するスマートフォンに使われているだけなので、ハイエンドモデルの中では性能が平凡なものであっても、ハイスペックスマートフォンと勘違いされることがよくあります。
具体的な差を確認してみましょう。ハイスペックスマートフォンと呼ばれるものでは、SHARP AQUOS R5G、ミドルレンジモデルではSHARP AQUOS sense5Gが有名なので、この2つを比べることで、どのような差があるのかを確認することが可能です。
そもそもハイスペックスマートフォンの多くは、「10万円前後で売られている」ため、ミドルレンジモデルのような「3万円前後で売られている」モデルではありません。つまり、ハイスペックスマートフォンを購入する際は、高額のスマートフォンを購入しないといけない短所があるのです。
具体的には、SHARP AQUOS R5Gのようなハイスペックスマートフォンであれば、約11万1000円となり、SHARP AQUOS sense5Gのようなミドルレンジモデルであれば、約3万9000円の支払いを要求されます。
これほどの価格差があるので、ハイスペックスマートフォンは極端に性能がよい・・・と勘違いされることが多いです。こちらについても比較してみると、ハイスペックスマートフォンのSHARP AQUOS R5GはSnapdragon 865で最大2.8GHzの処理性能、対してSHARP AQUOS sense5Gは、ミドルレンジモデルなのですがSnapdragon 690で最大2.0GHzの処理性能を有するのです。どちらも処理性能の数値だけを確認すると高いため、最新ゲームをプレイするなど、負荷の高いスマートフォンの使用を予定している人でなければ、SHARP AQUOS sense5Gでも満足できるでしょう。
しかしSHARP AQUOS R5GはRAM 12GB、ROM 256GBと、SHARP AQUOS sense5Gの倍以上の性能があり、ディスプレイについてもSHARP AQUOS R5Gであれば、6.5インチの解像度が3168×1440という世界最高峰のグラフィック性能を手にすることができます。対してSHARP AQUOS sense5Gは、ディスプレイが5.8インチの解像度が2280×1080となりますので、ハイスペックスマートフォンには遠く及ばない性能となります。
このように細々と比較すると、SHARP AQUOS sense5Gよりもハイスペックスマートフォンのほうが優れる・・・のですが、「バッテリー容量には大した差がない」ことも知っておきましょう。
SHARP AQUOS R5Gは3730mAh、SHARP AQUOS sense5Gは4570mAhのバッテリー容量となるため、すべての面でハイスペックスマートフォンは勝っているわけではありません。機能の補足となりますが、「防水防塵はハイスペックスマートフォン、ミドルレンジモデルでは両方とも採用されている」ことが多いため、処理性能、グラフィック性能以外では大きな差がないケースも少なくありません。”